FC2ブログ

生命保険 解約までの道のり④


保障にメリットがないわけではありませんが、問題は保険料を払い続けることとの兼ね合いです。

保険会社の担当の人は、せっかく安い保険料なのでこれは基本の保険として続けるべきと言います。

たぶん多くの人が、確かにそれはそうかもしれないと思うでしょう。私もそう思いました。

しかし、前回見たように、そこには巧妙なトリックがあるのです。

この保険は事実上、入院給付金以外のメリットはほとんどありません。

死亡時の保険、高度障害時の保険、この2つは単なる〝釣り〟というのが生命保険の正体です。

保険に入っている当人にとって、この2つに現実的な役割はありません。

さて、それでは解約した場合の返戻金はいくらか問い合わせたところ、70万円ぐらい返ってきます。

満期まで無事に払い続けても返ってくるのは約90万円ですから、いま解約して約70万円もらう方がいいでしょう。

そしてもし入院時の給付金が必要なら、あらためて安い医療保険か定期保険に入ればいいだけです。

そんなわけで、私は生命保険解約を決めました。

ジブラルタ解約は、まずコールセンターに電話します。

解約することを告げると、証券番号などを確認してから、参考までにと言って解約の理由を聞かれます。

その場合は「まとまった資金が必要になった」と答えるのが無難です。

あとは向こうから解約に必要な書類を送ってくれますが、そのときにポイントがあります。

コールセンターの人が「支社に連絡して担当の者から書類を送らせます」と言った場合、要注意です。

すぐにOKしてはいけません。必ず「その場合に書類が送られるのはいつになりますか?」と聞きましょう。

もし「支社の方の都合になるので、支社から連絡が行く」というような返事だった場合、

「支社の都合でいつ書類が送られるのかわからないのでは困る」とはっきり言いましょう。

要するにコールセンターの人は、時間稼ぎをするために、支社の担当者を間に挟もうとしているのです。

しかし、解約するのに支社の都合などは関係ないので、解約の書類は本社からすぐに送れるのです。

現に私が「支社からの連絡は待てない」と言ったら、では本社からすぐに書類を送るという話になりました。

すぐというのは今日ですね?と、少ししつこいですが確認すると、数日中には届くという言質が取れました。

それで2日後に書類が届きました。内容は解約返戻金の請求書と注意事項の紙だけです。

請求書に必要事項(ほとんど名前・住所と銀行口座の確認だけ)を書いて、

運転免許証などのコピーと一緒に送れば、解約の手続きは終わりです。

正式な解約日は、書類が会社に届いた日になります。

返戻金は1週間以内に振り込まれるということで、私の場合は請求書郵送後6日後の振り込みでした。

その後に振り込みの明細書が送られてきます。これで解約までの歩みはすべて完了です。

なお返戻金は一時所得になりますが、これまでに払い込んだ金額より少ない場合は所得になりません。

たいていは払った金額の方が多いはずです。私の返戻金も払った金額の半分ほどです。




管理者にだけ表示を許可する
パーツ


高収入な求人探すなら【きゃっちみぃ】



プロフィール

:ふんわりみみぃ

Author::ふんわりみみぃ

ブログ開設日:2006.9.10


フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア




フルーツメール


 リンク集


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。