梨元さんの死因

梨元勝さんが亡くなったという報を23日の夜中に知って、確定報がないのではじめはガセかと思ったけれど、いろいろ調べて、どうやら本当だと思い、中日スポーツだけのスクープというのが、梨元さんのマスコミに対する最後のメッセージのように思えました。

梨元さんというと、芸能レポーターの典型で、いろいろマイナスのイメージも持たれていますが、マスコミのタブーに挑戦してテレビに出られなくなった頃から、この人は本当にやる気だなと私は思っていました。これは本当に大きな力を敵に回すことですから、テレビで生きてきた人にとっては、大変なことなのです。

その梨元さんが、抗癌剤治療を選び、次の治療もがんばるといっていたのに、急に亡くなったという状況は、やはり死因は癌ではなく、抗癌剤によるものと私は思っています。抗癌剤は、つまるところ、カラダを破壊しながら癌をやっつけるものですから、治療法としては、はなから矛盾を抱えています。

カラダが抗癌剤に耐えられなくなれば、癌が治るも何もなく、患者は死にます。この場合、死因は癌ではなく、抗癌剤です。でも、医者はそうはいわないのです。

梨元さんの死因は、実はいまも伝えられていません。肺癌だったことと、治療中に亡くなったことだけが伝えられただけです。これが不自然であることを、テレビでは誰もいいません。いえないのです。

抗癌剤による死亡は、公表されませんから、すべて癌による死亡としてカウントされることになります。これによって、統計上、癌の死亡率が高くなっているのでしょう。

そこから、癌の恐ろしさが必要以上に煽られて、それで得をしている人たちがいるのです。癌の恐ろしさを煽るテレビ番組の合間に、アメリカの保険会社による癌保険のコマーシャルが流れたりするわけです。

そういう利権構造ができあがっている、ということを、知っているのと知らないのとでは、いざというときの判断が変わってきます。自衛のための第一歩は、まず知ることです。

私が事実を知ることになったきっかけは、祖母が医療ミスで死んだことです。そのとき、まず自分の無力を知りましたが、病院をやめた医師から本当のことを聞いて、まだこういう医師がいることに希望を持ちました。

その医師は、いまは別の仕事をしていますが、いろいろなツテで、いろいろなことを伝えてくれます。何かあれば、また書いていきたいと思います。

管理者にだけ表示を許可する
パーツ


高収入な求人探すなら【きゃっちみぃ】



プロフィール

:ふんわりみみぃ

Author::ふんわりみみぃ

ブログ開設日:2006.9.10


フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア




フルーツメール


 リンク集


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。