FC2ブログ

怪談実話系

「怪談実話系 」(MF文庫)という本を読んでMOMO&SUMOMOさんと同じ感想で付け加えることも何もなかったので、そのまま引用させてもらうことにしました。

以下、引用です。


この本は東雅夫さんの能書きに続き、京極夏彦さんの作品に入っても能書きが続きます。京極さんの「成人」は小説書きの鬱憤晴らしや学問コンプレックスで愚痴が多くなっているのかもしれないですが、その点を気にしなければ、平凡な素材しか持たない言い訳を創作スタイルでごまかしつつ終盤に至る辻褄の合わなさが浮遊する感じはそれなりに味わえます。同時に、落とさないように落とさないようにという姿が見え透いてしまっているところに作家としての限界を見せています。

福澤徹三さんの「見知らぬ女」は、乾いた筆致でソクソクと恐怖が迫ります。福澤さんの作品は、怪談という枠を表に出さない方がよいようで、文字から揺らいでくる気体のようなものが、何も言わなくても怪談として読者に伝わるという印象です。ですから、わざわざ怪談と言わずとも、福澤さんの小説を自然にそう受け取る読者もいて私もその1人ですが、この本の企画はわざわざ怪談実話系と謳うことで、この小説を読む楽しみを初めから殺いでいます。

この本で一番目を引いたのは岩井志麻子さんの作品です。タイトルの「爛くれた」がいいです。しかし目次では「爛れた」なので、単なる誤植かもしれません。岩井さんの田舎の女子高生的な垢抜けない下品さにはうんざりする面白さがあります。

らしいという感じで気楽に読めたのは中山市朗さんの「怪談BAR」です。怪談を読むのに「実話怪談とは」みたいに来られると溜め息をつくばかりですが、中山さんは怪談を書くことだけでそれを示しています。木原浩勝さんの「後は頼む」はとりたてて…という感じではあるけど、実話ってこういうものなのは確かですね。実話系の系はいらないよという影の声を聞いた気もします。

小池壮彦さんの「リナリアの咲く川のほとりで」は、みるみるうちに映像が浮かんできて抱きしめたくなるような佳品です。怪談の定義云々という能書きに洗脳されている読者や、単なる怖い話好きを最初から足切りしたのは流石です。うちらG通りの近くの古いお店にいるので、ここらの「地下」の秘密はイヤでも耳にしており、まさに怪談なんですが、かなりコアな闇の史実を突いているためにこのようなスタイルにしたのかも。

加門七海さんの「茶飲み話」は、私が一番好きなタイプの話です。実話だから描かなくても語ればいいという姿勢に甘えているような点を除けば楽しめる作品です。加門さんの作品にしばしばあるのですが、随所に可愛らしいけど興ざめな物言いが入ります。たとえば「木の祟りというのが一番妥当だ」とかいう判断は、怪談の本を読む人にとって1+1=2だと言われているのと同じですから、せめて別の表現でないと読む意味はないですが、少女チックな苛立ちを隠せない年頃という感じがして、とってもキュートなお話でした。

あとの作品は、普通にコンビニ本として楽しめました。
スポンサーサイト

資産がなくても資産運用

資産ないですよねぇ・・・でもしがない預金も資産といえば資産なんですね。運用するほどじゃないから放っておいたんだけど、気がつくと10年もほったらかしで、これって実はずいぶん金利を損してるかも・・・と思ったのが去年くらいかな。そこで資産運用方法について考えてみたんですよ。

去年ぐらいから「FX」って言葉をよく聞くんだけど、どうせ関係ないからと思って気にしなかったんです。でも今年になってFXの広告がどんどん増えたもんだから、こりゃ何かあるなと思って調べると、FXなら円高でも利益が出るっていうんですね。円安の時には円を売って、円高のときには外貨を売ればいいっていうけど、だったら去年の8月に急激な円高になったときにFX投資家が軒並み大損したっていうニュースは何よと。

やっぱり安全なのは定期預金だと思うから、私は比較的金利が高いネット銀行で定期にする道を選んだわけだけど、これってあたりまえに見えて、けっこう考えましたよ。それなりの金額をネット銀行に移すのって、保守的な私の感性ではまだまだ抵抗があるんですね。本当は預けてある銀行でそのまま定期にすればいいんだけど、やっぱり金利が違いすぎる。だけど出金の段階で手数料引かれるから、その分を取り戻すのにどのくらい年月がかかるかとか、けっこう考えることがあるんです。

だけどまあ、長い目で見れば金利が高い方がいいわけだから、試しにネット銀行で定期にしたけど、いざやってみると大したことではないから、なんだか物足りないという感じは否めないですね。シティバンクの「eセービング」で口座を作ると、普通預金でも年利0.5%で、夏のキャンペーン期間中なら外貨定期預金を預けるときの為替手数料が0円つまりタダか50銭になるらしい。初回満期日まで金利が上乗せされる「エンジョイプラス」というのもやってると。シティだから外貨預金は得意なんだろうけど、こっちに資金がないとね・・・。

ちょっと耳寄りなパソコンセール

いま使っているパソコンは去年の9月に買ったんだけど、購入するにあたってのこだわりは、とにかく安いことだね。初めて買ったときは安かろう悪かろうというのを気にしたけれど、それってもう10年前だからね。まだパソコンがそれなりに高級品だった時代だけど、年々価値観が変化して、いまやパソコンなんて高いの買っても仕方ないってバレてますでしょう。だから安いに越したことはないのです。

いま使っているのは本体4万円かな。カスタマイズしてセット価格7万円ぐらいだったけど、要するにメモリ数が512MB以上あればいいわけで、いまなら1GBにしてもそんなに高くならないでしょう。容量もいまは普通に70GBぐらいあるし。ちなみにマイクロSDの容量がいまや2GBですってね。

以前25万円で買ったパソコンは容量が20GBだったんじゃないかな。それで仕方なく外付けHDDを買ったんだけど、当時は80GBのHDDで十分過ぎるといわれてました。けどパソコンのメモリが256MBだったから結局使えなくなったわけだけど、当時はメモリもそれで十分だと言われてましたね。

マイクロソフトのオフィスを入れなきゃいけないと思っていた時代もあるわけだけど、いまは代用品がタダ同前で手に入るわけだし、ブラウン管のでかいモニターも必要なくなったし、本体もいまは安くてもスリム形態なのがあるし、そんなこんなで、パソコンなんてもともと大して高いものではないのに高く見せかけていた時代が終わったということなんですね。ネットができてブログが書けて音楽が聴けて映像が見られる。基本的にそれ以上のことはいらないのではないでしょうか。

そんなわけで、私はいまのところパソコンに関して特に望むものはなくて、むしろ外付けHDDが古いものなのでもう少し容量を大きくしようかとか、スピーカーをもう少しまともなものにしようかしらとか、モニターはもう少し感度がよくてもいいかなとか、複合機は実は電話がついていない方がいいとか、そういう周辺関係の問題を考えるのが主体です。テレビとつなぐ問題は急がないし、その話はあらためて書くかもしれない。

プレスブログの情報だとFaithのBTOパソコンがセールですってよ。パソコン本体29,800円ですって。もちろん体格は太いですよ。スリムだと42,800円。ニキュパの方のスペックを見ると、メモリ512MB、内臓HDD250GBでサウンドはなし。これは内蔵HDDの容量を減らしてスピーカー代を浮かせばよいかもしれない。試しにカスタマイズして見積もってみると、OSはXPのホームを入れて、HDDは80GBに減らして、マウスとキーボードを抜いてスピーカーをたすと、41,064円。17インチのモニターをつけても62,564円だから、これならメモリを1GBか2GBにしておいてもいいですね。2GBにしてもプラス3,000円弱だから。

オフィスさえ入れなければ7万円きりますね。スリムの方でカスタマイズしても、私が買ったのより1万円ぐらい安くできるかもしれない。このセール、8月3日までだから、パソコン購入予定のある人は、ちょっと覗いてみる価値ありかも。7月末までなら送料無料だそうですよ。


疲れたらパチンコだよ

疲れたら癒し系恋愛ぱちんこでアイドルからメッセージをもらっちゃおう!
ぱちんこアバンギャルド”オリジナルウォッチが素敵なのでサイドバーにパーツを貼りました。
9人のアイドルから選べるんだけど、こうして見るとみんな可愛い!
どのパーツにするか真剣に悩んでしまいましたが、貼ってからでも変更可なんだね^^; ヨロシク!

この夏は焼肉ピザで

今年も夏はピザパーティというか、ただの集まりでピザを頼むだけなんだけど、たぶん今月下旬にやる予定。宅配ピザがネット注文できるので、便利な世の中になったものです。

夏はビールといきたいところだけど、夏前からさんざん飲んでいるので、最近はワインになっています。ワインといえばヨーロッパというのは昔の話で、やっぱり国産に限ります。ビールも日本が一番うまいのと同じで、ワインもメルシャンのボン・ルージュがお気に入りです。

そのボン・ルージュに合いそうなピザがこの夏限定でドミノ・ピザから登場しました! その名も「焼肉ピザ」。商品の名前は「おとなの焼肉」というんだけど、これ傑作です。牛カルビにナムル、塩ダレの豚カルビという2つの味を楽しめるということで、まさに夏のハーフ&ハーフ。

これはワインよりビールだろ~と思われるかもしれませんが、まあそうですね・・・。

こういうピザの企画モノって本当にうれしいのは、ピザの話だけでパーティの話題になるからです。ふだんはシーフード系のピザを食べてうまいうまいと言っているだけだけど、みんなで久しぶりに夏に会う機会には、やっぱり変り種でないとね。韓国風焼肉ピザなんてまさにピッタリです!

いろんな品物と出会えて

7月9日で「ブロコミ」が1周年だそうですが、私は登録して4ヶ月。いくつかの案件でモニターをやりましたが、ブログに記事を書いて報酬になるというだけではなくて、いろんな商品に出会えることが楽しみです。普段なら気づかない品物を教えてもらったり、へぇーこれってこういう品物だったんだという発見があったりして、まあ生活が豊かになったといっても過言ではないですよ。

今後やってみたいのは、生活必需品の新製品かなぁ。洗顔フォームとか歯磨きとかで、新しいのを試してみたいけど、ついついいつもと同じ品物を買うんですよね。失敗すると困るとか思って。だからそういうのをモニターしてみたいと思っていますが、抽選に外れるとけっこうガッカリなんですよね。あと、追加募集のメールが来て「やった!」と思っていると、規定の時間を過ぎていたりとか。

でもまあ、そういうことも含めて、少しは思い通りにいかないところがあった方が、次は絶対モノにするぞという意欲も湧いたりするので、いまのところ気分が萎えるところまではいってません。ちょっと困ったことといえば、モニター商品がメール便ではなくて、宅配で来たときかな。私は昼間は出かけているときが多いので、宅配ってけっこう困るんです。手渡しの方が安全という考えもあると思うけど、私はどんな形であっても、とにかく荷物は置いていってほしいんですね。

ブロコミから来た宅配が、なんとかっていう会社で名前は忘れたけど、マイナーだけど安くてそこそこ評判のいい宅配業者なんだけど、せっかく家にいたのに黙って不在票を置いていったんです。これって本当に気分悪いんですよね。それで仕方なく仕事の時間を無理に調整して、翌日に再配達の予約をしたら、その日に来なかったんです。で、さらに翌日の留守のときに来たらしくてまた不在票が。

その段階で、これは付き合いきれないなと思い、あきらめたんです。今回はブログに書けないなと。でも業者がこんなんじゃ仕方ないしね。たまたまそのときは翌々日の私が出かける寸前に何の前触れもなく宅配が来て荷物を受け取れたんだけど、その偶然がなければ荷物を受け取れてないわけです。だから品物はメール便にしてほしいんですよ。というか、メール便で来るはずだったんだから、とにかくそうしてほしかった。

とまあそんなトラブルもあったんだけど、これからも未知の品物を試したいという意欲があるので、楽しみには違いないです。カリカマックスは友達にも教えたら、けっこう評判が良かったですよ。サプリ系はいろんな商品があって、どれを試していいかわからないので、けっこう重宝します。

ブログ 報酬

ブログ広告
ブログ広告のブロコミモニターに参加しています

ニューバランスのCM

シューズブランドのニューバランスがCMを募集して、日本とアメリカから集まった作品を見てみました。1つ選ぶなら、やっぱり↓これでしょうね。



ホラー好きとしては、コワ可笑しさがツボでした。カラッと晴れた中での出来事というゾンビもののポイントを押さえていますね。情景としては本当に健康的な中でジメジメ歩いているミスマッチがなんだか身近に思えて怖くなるとともに、なんともはやマヌケなんですね。それにしても最後の場面、ゾンビがちょっと足が速くて、普通の人みたいに必死になっちゃってるんで、とても可愛そうな気もします。

もう1つ、垢抜けていてセンシティブな作品として、↓これも捨てがたいなと思いました。



全体的に他の作品はスポーツする人、女性の美しさをテーマにしているんだけど、あたりまえすぎるものが多かった。デフォルメするだけじゃなくて、視点を外した工夫が欲しいんだけど、その意味ではこれがナンバーワンという感じです。

たいやきさん たこやきさん

FLO:Qの「たいやきさん」というブログパーツをサイドバーに貼ってみたんだけど、これ面白い! クリックするとナンセンス脱力系の喋りや動きを見せるので飽きないよ。あんまりおかしいから姉妹品の「たこやきさん」も貼ってみました。これも可愛くてグー! とってもなごみます。

ご当地版というプログパーツのシリーズもあって、方言で喋ったりするみたいだけど、いったいこれ何の宣伝なのかと。国産小麦シリーズというけど、そういやぁ、たいやきもたこやきも皮は小麦粉なのか。あらためて考えてみると何でタイなのかタコなのかわかんないけど、これ日本料理なのかね。

ためしにタイヤキを調べてみたら、日本人は小豆を弥生時代から作っていたらしい。小麦粉は奈良時代に中国から伝わって、坊さんが饅頭を作ったらしいけど、まだ餡子はないんだね。小豆に砂糖を混ぜて餡子が発明されたのは江戸時代初めというから、400年前ぐらい。そんなに古くはないんだ。

江戸時代に神田で今川焼きを発明。明治になって広島でもみじ饅頭、同じ頃に東京でたい焼きという順番みたいです。たいはやっぱりめでたい高級魚だからみたいですね。そんなわけで、もみじ饅頭が意外に古かったわけだけど、ついでにたこ焼きも調べてみました。

たこ焼きはやっぱり兵庫の明石焼きが元祖みたい。関西の丸い玉子焼きですよね、出汁につけて食べるやつ。あれが明治時代にはすでにあったらしい。それを大阪の会津屋さんが大正時代にこんにゃくを入れた「ちょぼ焼き」とか、肉を入れた「ラジヲ焼き」を発明して、たこを入れたのは昭和の初めということです。ソースをつけるようになったのは戦後の昭和20年代だとか。

ふーん、初めて知りましたけど、ブログパーツの「たいやきさん」を見なければ、こんなこと調べませんでしたよ。勉強になるけれど、それよりホントに食べたくなってきましたよ。

 
パーツ


高収入な求人探すなら【きゃっちみぃ】



プロフィール

:ふんわりみみぃ

Author::ふんわりみみぃ

ブログ開設日:2006.9.10


フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア




フルーツメール


 リンク集


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。