FC2ブログ

郵便をあきらめる話

大きい郵便物だと、郵便受けに入らないので、留守にしていると不在票が入っていますね。それであとから再配達してもらうわけですが、その手間を省きたかったので、ちょっと高価なんだけど、大きな郵便が入るポストを買ったんです。晴れてドアに設置。

これで安心と思っていたら、ある日、不在票が入っていました。再配達してもらうと、定形外郵便でポストに入る大きさです。その後も郵便屋は、ポストに入るものでも不在票を入れていくので、電話して言ったんです。「ポストに入れてくれればいいから」と。でも相変わらず持ち帰ってしまうのです。

電話してまた言いました。「ポストに入れてくれればいいから」。そしたら「配達記録、ゆうぱっくなどは手渡しです」というので、「だから定形外郵便の話ですよ」といいました。「ポストに入れてくれればいいから」というと、わかりましたとのこと。

でもその後も郵便屋は、なぜかポストに入れずに持ち帰り、不在票が入っています。この段階で私は郵便を受け取ることをやめました。もちろん配達記録や、ゆうぱっくなどは受け取ります。でも定形外郵便ひとつのために、わざわざ再配達依頼して、家で待機なんてできませんわ。

メール便の場合は、郵便受けに入らない場合、ドアノブに下げてありますね。あれが気に入らないという人もいると思いますし、私も最初はあれ抵抗があったんです。でも盗まれたことなんて過去にないし、とにかく置いていってもらった方がいいですよ。そもそも定形外やメール便で大事なものなんて送らないんだから。

郵便屋としては、郵便を玄関先に置いていったり、ポストに無理やり入れたことで文句をいわれるのがイヤなんでしょう。だから無理をせずに不在票を入れていくということもあると思う。でも私の場合、置いていってくれと頼んでいるわけです。しかも大きなポストがあるのです。それに入る大きさの郵便物をなぜ持ち帰るのか。

私が過去に一番迷惑したのは、第1位が近所の家に荷物を預けていった「ペリカン便」。私が起きている時間に近所の人は寝ているから、永遠に荷物は預けたまま。付き合いなんかないし、向こうは知らん顔。訪ねていっても留守。これってペリカンの仕事は終わってないですよね。受け取り手に荷物が渡ってないんだから。

第2位は佐川急便の得意技。指定日に荷物を届けない。届かないのではなくて届けない。連絡して文句をいって、ちゃんと届けてくれればいいけど、それでも届けない。理由は不明。佐川の得意技はもう1つ、不在かどうか確かめずに不在票を入れて逃げるというやつ。

もっと凄いのは、指定日に届かないので電話したら、「道に迷ったのでそのまま帰った」とのこと。これも迷惑第1位でもいいんだけど、やっぱり近所の家に預けていくのが最悪だと思う。それは佐川はいまのところまだない。

これまでは第3位が郵便局で、荷物をなくしたというのが何度かあったけど、なぜかポストに入れずに不在票を入れていくやつのおかげで、これが第1位でもいいような気がしてきた。被害としては佐川より小さいんだけど、ペリカンの杜撰、佐川の間抜けに対して、郵便はなんだか不気味なんですね。根暗な嫌がらせをされているようで。

気味が悪いので、知人にも郵便は受け取らないからと通知しておいた。

荷物を運ぶ仕事って社会のインフラだけど、こんな悲惨な状況なんだから、配送システムをフォローするビジネスがあってもいいように思う。ベンチャーの入り込む余地ありでしょ。
スポンサーサイト

大切な人への贈り物とは

ふだん買い物をしていて、これはいいなと思うものって、人にもあげたくなりますね。品物のよさを人と共有したいという思いは、誰にでもあるのではないでしょうか。

でも、贈り物ってそれだけではなくて、自分では使わないかもしれないけど人に使ってもらいたいものとか、自分にしか贈れないと思うものとか、考えてみるといろんなチョイスがありますよね。

自分よりもあの人には良さがわかると思うものや、大事な人に持っていてもらいたいものとか。ある意味で深いチョイスというか、思いつきではない物語のある贈り物。

そんなことを「GIFT&STYLE」という専門店のサイトを見て思いました。大事な人への贈り物って、その人と自分との結びつきを象徴するものになるということ。

このお店のオススメのギフト商品は「ロブマイヤー・ワイングラスIII」。たぶんグラスの重さを感じないような、それでいてじっくりと深みのある品なんだろうなと写真を見て思いました。

こうしたギフトを贈りたい人、私には1人だけいますね。昔世話になった先生で、いまはほとんど会わないけれど、その人にしか通じないお酒の話というのがあって、まあ特別な人ですよ。

その人にしか通じない話というのが、私とその人を結んでいるわけだけど、それをこのワイングラスで象徴させるということをしたとして、わかってくれるのもその人だけかなと。

そんなことを考えながら、贈り物を選ぶというのも、なかなかオツな時間ではありませんか。

gas.jpg

楽天カード発行されました

どうせ楽天で買い物するなら持っておいてもいいだろうということで、先日ついに楽天カードを申し込んだのですよ。ちゃんとした人なら心配ないけど、私みたいなフリーだと、やっぱりハラハラものなんですね。否決されるんじゃないかと。でもきっかり1週間で発行完了メールが来ました。

申し込むと、カードの発行状況を確認できるページで自分の置かれた境遇を知ることができるんだけど、これがSTEP1からSTEP6まであるんですね。とりあえず申し込めばSTEP1が完了で、STEP4まではすんなり行くんだけど、そこでしばらく止まるんですよ。そこが可否判定なんですね。

よく楽天カードは審査も楽だって言われているけど、そんなの私みたいなフリーには原則当てはまらないんだな。落ちるのやだなぁと思うからなかなか申し込まなかったんだけど、ある日ふと思いついて、しこしこ楽天でお買い物を続けたんです。作戦としてはこれしかないだろうと。

しこしこお買い物して、ポイントをためて、ついにゴールド会員にこぎつけたのです。その上でカードを申し込んだわけ。いくら私が得体の知れない人間でも、ゴールド会員でしかもプラチナ会員にリーチかけてる身分を否決できるのかと。結果的には本人確認なしで可決だから、やっぱり作戦が功を奏したのかどうかわからないけど、わかったのは1週間は見とけということ。

しかしですね、楽天でのお買い物の秘訣は、実はカード使いはほどほどにしておくことなんですよ。というのは、なんでもカードで買っちゃうと、引き落としが月1回だから、たとえ月に10回お買い物しても、結局1回のお買い物として記録されちゃうのです。そうするといくらたってもゴールド会員にはなれない仕組みなんですね。もちろんプラチナ会員なんて遠い夢です。

別にプラチナ会員になってもどうということはないんだけど、社会性ゼロのフリー人間の場合、せめてシルバー会員、できればゴールド会員になってから申し込んだ方がいいんじゃないかと。それで否決されたら、とりあえず文句は言えるからね。ゴールド会員って楽天の優良会員なんだから。楽天で半年に7回買い物して、かつ700ポイントためてないとなれないんだから。他のカードならともかく、楽天カードで否決される覚えはないと言うだけの資格はあるでしょ。

半年に7回の買い物で700ポイントためるって、簡単なようだけど、貧乏人にとっては難しいですよ。けっこう気合入れないと無理です。たとえば、500円ぐらいのどうでもいいものを7回買っても、それだけだと35ポイントにしかならないんだから。つまり100円で1ポイントだから、普通に買い物してたら7回で7万円分買わないと700ポイントにならないわけ。つまり1ヶ月に1万円のお買い物をするペースだけど、普通はそんなに欲しいものなんてないですよ。

そこでまず「Infoseek メールdeポイント」に登録して、毎日送られるメールクリックを欠かさず続けていると、それだけで月に100ポイントぐらいたまります。だからこれは必須。たまにプレゼントで労せず100ポイントなんていうのもあるから要チェック。さらに「楽天リサーチ」にも登録してアンケートに答えていれば、期間限定だけど300ポイントぐらいは知らないうちにたまっているものです。

あとはお買い物のときに「ポイント10倍」キャンペーンを活用する。これは期間限定でいろんな店がやっているんだけど、同じ品物を買うならそのお店で買えば、1000円のものなら100ポイントになるわけ。これなら7000円の買い物を「ポイント10倍」の店ですませれば、1回の買い物で700ポイントをクリアできるから、あとはポイントを気にせずに、ちまちま6回の買い物をすればいいと。

さらなる裏技としては、ブロコミでサンプル商品を申し込むというのもあって、これ楽天でタダで買い物できるのです。お金を払わずに品物を送ってもらえて、ちゃんとポイントはつくんです。もちろん品物をもらったら感想をブログに書かないとだめだけどね。だけどこれでけっこうポイントは稼げるから、各種裏技を併用すればゴールド会員まではわりとすんなり行くんです。

ちなみにプラチナ会員は、半年に15回の買い物でかつ2000ポイントだから、ハードルは高いね。上記合わせ技で2000ポイントクリアは難しくないけど、15回の買い物というのがね。でもまあ、別に無理に買い物する必要はないし、社会性ゼロ人間が楽天カードを持つためだけの買い物ならゴールド会員で十分ですよ。私もカード発行が決まったから、プラチナ会員を狙う必要はなくなったけど、あと1回の買い物でクリアできるんだよね。アロマの精油でも買おうかしら。

 

マンパワージョブネットでお仕事探し

初めて知ったんだけど、マンパワー・ジャパンって日本で最初の人材派遣会社だったんですね。昭和41年設立というから、確かに古い。私てっきりバブルのときにできたんだと思ってた。あのとき派遣って急速に伸びて、これも古い言葉だけどトレンディになったもんだから、友達がその手の情報を集めているのを尻目にしてたんだけどね。

あらためて考えてみると、いまでこそ働き方として選択肢に入ってくるのが派遣だろうという感じはしますね。つまりアルバイトするより、第三者のサポートがあるという面で、より目を向けやすいということがあると思います。資格なんがほったらかしになっている人が、ちょっと働きたいときとかね。

マンパワー・ジャパンのサイト「マンパワージョブネット」を見ると、いろいろ詳しく説明されていますよ。派遣とは何か、どんな働き方があるか、その他もろもろ。迷ったときには無料のキャリアカウンセリングもあるので、申し込んでみる手もあるね。まずはサイトで仕事検索してみたらどうでしょう。

薩摩の山人参もろみ黒酢



例によって一般公募のCMです。テーマは「元気」ということですが、上に貼ったのは金賞受賞作。銀賞と銅賞もあるんだけど、金賞だけ貼っておけばいいかなという感じです。これまでのCMがあんまりうますぎてプロっぽいのばかりだったので、今回はようやくホッとしました。漫画昔ばなし風で音がないのはわざとそうしているんだろうけど、見てのとおり、明らかに音があったほうがいいわけで。それでもまあ、ほのぼのしていていい感じですよね。

ところで、この長寿の里という会社のサプリなんだけど、山人参って絶滅したと思われていたのが、近年発見されたんですって。それを調べてみたらアミノ酸が豊富なので、もろみ黒酢を組み合わせて作った製品ということです。黒酢が体にいいのは私も飲んでるからよくわかるけど、さらにパワーアップしたサプリのようなので注目ですね。

私はこの製品のよさを、キレイな自然の映像とやすらぐ音楽で描いて、山人参発見の経緯なんかのナレーションを交えてオーソドックスなCMにしたらいいと思います。サプリを選ぶお客さんはどういう製品なのかを率直に知りたいはずなので、あらためて業者さん自身でPRなされることを期待します。せっかく興味深いエピソードを持つ製品なので、生かさなければもったいないです。

パーツ


高収入な求人探すなら【きゃっちみぃ】



プロフィール

:ふんわりみみぃ

Author::ふんわりみみぃ

ブログ開設日:2006.9.10


フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア




フルーツメール


 リンク集


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。