船旅の思い出

船旅といっても、船でしか行けないから仕方なく船で行ったのですが、学生のときに伊豆七島の新島に行きました。竹芝桟橋から夜に乗船して朝に着くのですが、やっぱり明け方頃の景色が最高ですよね。軍艦みたいなのが遠くに見えてビビりましたが、あれは何だったのだろうといまでも思います。それもさることながら、新島での旅で不思議なことがあり、いまでも友達と会うとその件が蒸し返されるのですが、ちょっとお話ししてみます。

友達と3人で出かけたのですが、島に着いて船から降りたとき、友達の1人が「アレ~!」と素っ頓狂な声を出して、何かと思ったら、腕時計がないというのです。腕にしていた時計ですから、なくなるわけないのですが、本当にないんですね。船の中では寝ていないので、誰かに盗まれたのではないし、おかしいなと。明け方頃に軍艦が見えて騒いでいたときには時計はあったというのです。私もそのとき、その子の腕に時計が巻かれているのは見ているのですよ。

でも現にないわけだから、何かの拍子に外れて落としたのかなぁ、なんて言っていたのですが、仕方ないので友達も時計のことはあきらめたのです。でも不思議だねぇなんて言いながら、2泊3日の旅を終えたんですね。その間のこともいろいろあって、島にある海軍墓地の幽霊の話とかもあるのですが、これはいずれ機会があれば話しましょう。とにかく無事に3日めになって、また帰りの船に乗ったのです。そしてもうすぐ竹芝桟橋に着くというので下船の準備を始めたとき、友達がまた「アレ~!」と叫んで、左手を振っている。腕時計が戻っているのです。

あり得ないですよね。なくした時計がいつのまにか腕に巻かれていたのです。当然疑いましたよ。なくしたふりをしていただけだと。「本気で心配したのにつまらん冗談よして」とか言ったのですが、友達は本当になくした時計がいつのまにか戻っていたと真顔で言うのです。「こんなウソついてもしょうがないでしょ!」と怒っていて、どうやら狂言ではなさそうなんですね。

しばらくこの件で私たちの話題は持ちきりになって、あれこれ原因を考えたのですが、わからないですよ。狂言でないならね。それで大学を卒業してから、3年ぐらいたって友達と会ったとき、「そういえば時計の事件あったよね」という話になって、「もう正直に話してもいい頃よ」と言ってみたけど、友達いわく、「まだ疑ってたの?」と。何の得にもならないウソはつかないと。もし狂言ならさすがに3年たったら真実を話すと。やっぱり本当に不思議なことがあったというわけなのです。

これって私の人生の中でかなり割り切れない出来事で、なくしただけならまだ説明できそうだけど、また戻ってくるというのがあり得ないんですよ。そんなわけで船旅というとこのことを思い出すのですが、そのとき以来の船旅に出かけてみたいなと最近思うのですね。なんかゆったりした旅ってしたことなくて、新幹線は仕事で乗るイメージだし、飛行機は苦手なもので。

商船三井フェリーが海の旅のキャンペーンをやっていて、「さんふらわあ」という船で北海道に行くプランなんだけど、茨城県の大洗港から北海道の苫小牧港に行くルートがあったというのは初めて知りました。サイトを見ると学生限定とか女性用とか熟年向けのキャンペーンがあるようだし、それに該当しなくても普通に予約もできるようなのでぜひ利用してみたいですね。


スポンサーサイト

ピザと焼酎の相性は・・・

気が付くと11月も終盤に入り、今年もあと1ヶ月ですが、この季節になるとお酒のつまみがピザになる確率が高くなるこの頃です。理由はわかりませんが、なんか寒い夜にピザって似合うようで……。

この冬のドミノ・ピザのお勧めは「チーズリストランテ」だそうです。これはまたお酒に合いそう。とろ~りチーズの下にローストビーフ、ローストチキン、スモークサーモン、ホタテということで、これはもうお気に入りメニュー間違いなしです。

さてドミノ・ピザの便利な利用法というと、まず酒屋でお酒の種類を物色してからそれに合うピザメニューを探すということに限るわけですが、先に「チーズリストランテ」を頼むと決めている場合、お酒は何がいいでしょう。ビールにワインというのはありきたりですが、案外日本酒が合うという発見を私はしています。

ということは、焼酎でもいけるはずですね。試してみると、ピザには黒糖焼酎がいけます。ラム酒に近い感じの「壱乃醸朝日」とかいいですね。チーズに合うからかしら。あと米焼酎なら球磨焼酎の「花」とか。芋焼酎はピザに合わせるにはベストではないようです。

宅配ピザのお得な情報は、ネット注文で5%OFFというやつですが、実は持ち帰りの場合、20%OFFなんですね。近くにお店があるなら持ち帰りがいいようです。あと5枚以上の注文で10%OFFです。1人でも5枚ぐらい食べちゃいますよね。ちょっときついかな。そこで一句。

冬の日に 焼酎瓶と ピザ抱え

意味はそのまんまですが、この句の「冬の日」を他の季節に代えると、なんかしっくりこないことに気づきますよ。木枯らしの吹く中、コートの襟をたてて、あったか~いピザと焼酎瓶を懐にしのばせる光景。やっぱりピザはいまの季節に似合うようです。

暮らしの管理術

私はフリーで仕事をしているので、日々の暮らしと仕事が一体化しています。暮らしのシーンがイコール仕事のシーンという感じなので、そのバランスをとるためにどうすればいいかが悩みどころですね。たとえば、仕事で使うものと生活で使うもの。これが同じ空間にあるわけです。油断しているとごっちゃになるので、日頃から整理・整頓に気配りしないと大変なことになります。

というのも、今年の夏から秋にかけて、暮らしのシーンの大改造をしたのですよ。それまではまったく仕事と暮らしの整理をしてなかったので、これはもう限界だなという感じになったのが今年の6月頃。仕事で使う資料とか、機器だとかで部屋が占領されて、寝るスペースも手狭になってしまったのです。ある意味、ゴミ屋敷に近い状態。テレビでゴミ屋敷の話を見聞きするたびに、こりゃ他人事ではないなと。

思うにゴミ屋敷の住人にしてみると、たぶんゴミに囲まれているという意識はないのですよ。鉄くずだって売れるわけだから、他人から見てゴミだらけでも、住人にしてみれば商品になりそうなものを簡単には捨てられないわけで、その気持ちは私にもわかるわけです。だけど限界はありますから、どこかで気持ちに区切りをつけて整理しないと大変なことになります。私の場合、気持ちに区切りをつけるきっかけは、FAXが壊れたことでした。

FAXがなければ仕事ができないので、どうしても新しいのを買うことになりますが、どうせ買うならプリンタやスキャナとの複合機がいいと考えたわけです。でもそうすると、これまで使っていたプリンタやスキャナがいらなくなる。プリンタやスキャナはまだ使えるので、捨てるのはもったいない……。悩んだ結果、プリンタとスキャナはリサイクル業者に売って、複合機を買うことにしたのです。

これをきっかけに、めったに使わないものは思い切って処分することにしました。あるサイトで「一年使わなかったものは一生使わない」という格言(?)を見たのが第二のきっかけでした。誰が言った言葉か知りませんが、私は必ずしもこの格言が正しいとは思いません。でも気持ちの切り替えには役立つ言葉だなと思いました。使わないものを処分するのは簡単ですが、いずれ使うかもしれないものを処分するのは難しいです。でも「いずれ」っていつ?と自問してみて、わからなければ処分対象にすると決めました。そしてその際にリストを作っておくのです。何を処分したか忘れないように。

結果的に仕事場のほとんどの本を処分して、衣類も処分して、残ったものは100円ショップで売っている収納用品を活用して整理。パソコンデスクもスリムなものに買い換えて、複合機をぽつんと置いたら、見違えるように仕事場がクリーンになりました。この大改造に三ヶ月かかりましたが、いまでは仕事場にお友達も呼べるスペースができました。可愛いソファでも買おうかなと、インテリアの楽しみも生まれたこの頃です。

整理のポイントは、いらなくなったものの種類によって、処分の仕方を把握しておくこと。引き取ってくれる業者の選定は重要です。いくつかの業者に当たってみて、お金に代えられるものとそうでないものを知っておくわけです。場合によっては粗大ゴミで出す方がいいということもありますから。オークションサイトをいつも見ておくのも有効です。いらないものをオークションで売ろうとすると、なかなか売れなくて捨てるに捨てられなくなることもありますから、オークション自体にはあまり頼りたくないのですが、とりあえずどんなものがどんな相場で売られているか、日頃からチェックしておくのは意味があります。

本の処分の仕方ですが、古本屋サイトで検索して、すぐに手に入る本とそうでない本を選別するのがよいですね。調べてみるとわかりますが、いまでは古本も含めてたいていの本はネットで買えます。よほど大事な本でなければ、手放しても問題はないと私は判断しました。学生の頃は、古本屋で買った本は二度と入手できないという感じでしたが、ネットが時代を完全に変えたのですね。

ネットが時代を変えたといえば、最近ではいろんなお役立ち情報をネットで入手できますし、「まぁ、ちゃんと。」というサイトもあります。これは無料で使える暮らしの便利サイトで、整理・収納など、暮らしをサポートする情報がいろいろあります。会員になると、このサイトの「くらしのレシピ」というコーナーで投稿ができるようになっています。いろんな人と情報交換しながら、知恵を活用できるというのは、ネットが可能にした本当によい点だと思います。

お買い得!「カーボンヒーター」セール中!

今週末からグッと寒くなるようです。暖房の準備はいかがですか? 私はこれまで使っていたセラミックヒーターが古くなって、つけると空気が汚染されるので、いま評判のカーボンヒーターを買うことにしました。ちなみにハロゲンヒーターというのもありますが、値段やランニングコスト等の違いはないようです。ただハロゲンヒーターが熱を送るだけなのに対して、カーボンヒーターは遠赤外線で身体の芯から温まるということなのでカーボンヒーターにしました。

小さくて安いのもありますが、買い損になると困るので、ある程度の大きさとワット数は欲しいですね。いろいろ見ると、希望の機能を果たせそうな品物の相場は5,000円前後とわかります。あとは首ふり機能がついているかとか、倒れにくいとか、そういう問題のようです。

で、即効で買ったのがこれ↓



必要十分な機能をすべて備えて2,990円 (税込) 。送料600円を入れても普通はこの値段で買える品物ではありません。セール中です。最初に見たときは在庫が限定42個で、まだなくならないだろうと思っていたら、1日で在庫が31個に減っていたので慌てて買いました。そしていま見たら在庫が29個に! やはりみなさんお目が高い……すぐなくなりそうなので早い者勝ちです。
パーツ


高収入な求人探すなら【きゃっちみぃ】



プロフィール

:ふんわりみみぃ

Author::ふんわりみみぃ

ブログ開設日:2006.9.10


フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア




フルーツメール


 リンク集


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。