FC2ブログ

マンパワージョブネットでお仕事探し

初めて知ったんだけど、マンパワー・ジャパンって日本で最初の人材派遣会社だったんですね。昭和41年設立というから、確かに古い。私てっきりバブルのときにできたんだと思ってた。あのとき派遣って急速に伸びて、これも古い言葉だけどトレンディになったもんだから、友達がその手の情報を集めているのを尻目にしてたんだけどね。

あらためて考えてみると、いまでこそ働き方として選択肢に入ってくるのが派遣だろうという感じはしますね。つまりアルバイトするより、第三者のサポートがあるという面で、より目を向けやすいということがあると思います。資格なんがほったらかしになっている人が、ちょっと働きたいときとかね。

マンパワー・ジャパンのサイト「マンパワージョブネット」を見ると、いろいろ詳しく説明されていますよ。派遣とは何か、どんな働き方があるか、その他もろもろ。迷ったときには無料のキャリアカウンセリングもあるので、申し込んでみる手もあるね。まずはサイトで仕事検索してみたらどうでしょう。

スポンサーサイト

脳を鍛える方法

仕事の能率を上げるためには、慣れとか自分なりのリズムを保つことが大事だと思うけど、それって日頃からなんとなく訓練していることと、意識的に訓練していることがあって、考えてみるといろいろですね。いずれにしても、とにかく脳ミソは使わないとたるんでくるというのはわかります。休めるのも大事だけど、休みっぱなしだとボケますよ。

脳のトレーニングで「速聴」というのがあって、速読の耳バージョンみたいなものだけど、物事を能率的にこなせる人がそういった能力に長けているのは確かですね。これって鍛えることができるらしくて、いつだったか野球の選手の誰かが言っていたけど、動態視力を鍛えるために電車に乗って外の景色を見るんですって。流れる景色が慣れてくるとハッキリ見えるそうですよ。

かくして川上哲治じゃないけどボールが止まって見えるという境地になれば神様なんだけど、それに近づくための訓練が、耳でいうと「速聴」になるわけですね。その手のビジネスをやっているサイトに「速聴.com」というのがあって、それを見ると、速聴機というものがあるらしい。音声を2.5~4倍速にして聞くことができる機械で、普通は音がキュルキュルキュル・・・となるけど、ちゃんと聞こえるようなものに開発したんですって。

能力の開発というか、自己啓発というのか、こういう機械を試してみるのも面白いかもしれないですね。4倍速でちゃんと聞こえるというのがどういう世界なのか、トッポジージョみたいな声が慣れるとちゃんとした声に聞こえるのかどうかとか、素朴な興味もあったりしますし。リハビリで回復した人を見てると人間の潜在能力っていろいろ可能性がありそうだし、一考の価値ありかも。

「情報元:buzzmo」

あなたの天職は・・・?

知り合いでコールセンターの仕事をやってる人がいるんだけど、その人も最初は派遣会社に登録して仕事を紹介してもらったらしい。それでよく聞いてみると、その登録した会社というのが、私の友達が学生の頃に立ち上げた人材派遣会社だったというわけ。
「へぇ、あんな会社まだあったの?」
と驚いたわさ。私が学生の頃って、ベンチャーでその手の会社をやる子がけっこういたけど、だいたいつぶれて、いまもある会社なんて少ないんですよね。

派遣といえば、ヒト・コミュニケーションズという会社で、ヒトコムドットネットというお仕事検索のサイトをやっているんだけど、このサイトに天職エンジンというコンテンツがあります。たった4項目を記入するだけで天職がわかるっていうんだけど、仕事を探している人って、わりと真剣にいろんなものに頼るものだと思うんですよ。だから脱力系とはいえ、こういうのって、どうなのかなと。

自分の天職とは何かって、私も考えたことあるけど、結局いまやっている仕事が天職なんだろうなと思っています。どんな仕事でも嫌なことがあると思うけれど、それに耐えられるのが天職なのかもしれないですね。天職エンジンによると、私の天職は魔法使いなんだけど、私ってわりと融通無碍な人だから、言い得て妙かもしれない。人間離れもしてるしねぇ。

だけど、たった4項目を記入するだけで天職がわかるなら、かなりの確率で魔法使いが天職って人が出てくることになりますね。その意味ではこの天職エンジン、まだまだ改良の余地がありすぎると思うけど、こんなゲームでも、ふと天職って何かしらと考えるきっかけにはなるかもしれないですね。それって自分を見つめなおすことでもあるし、そういう時間も大切かもしれない、て思います。

フロム・エー ナビ 使ってますか?

アルバイトは学生がやるもの、という感覚はもう古いですね。年とってからでも普通にやるし、私も仕事の合間にできるバイトないかしらって日頃から探していますから。

以前は「フロム・エー」を買って喫茶店で見ながら、よさそうな案件をチェック、これはと思ったら連絡……という流れだったけど、何年か前から「フロム・エー ナビ」に登録しているから、条件に合った求人の新着情報がメールで送られてくるようになっています。

私の場合は本当に条件が狭いから、なかなか「これは!」というのはないんだけど、それでもたまに地図を作る仕事とかの求人もあって、説明会に行くとほとんど年配の人なんです。私なんか最年少。いまやアルバイトって中高年のものかしらって思えるぐらい。まあ職種によるんだろうけどね。

そんなわけで、ちょっとでも空き時間がある人は、不定期の短時間アルバイトもたまにはあるから、「フロム・エー ナビ」をチェックしておくといいかもしれないですよ。

情報元:buzzmo

フリーでお仕事してみます?

最近フリーになったばかりのデザイナーが、「フリーに憧れていたけどなかなか仕事に自信をもてない」なんてこぼしているものだから、自信のあるなしなんて関係ないんだよって言ったんです。要はちゃんと仕事すればいいだけなんだし、悩んでいるってことは、まだまだ余裕があるってことなんだよね。だって生き方の選択肢がまだあると思っているから悩むんでしょ。私なんか現状以外にどうしようもないから、仕事がなくなれば死ねばいいって完全に割り切ってるわけですよ。

私はそもそも大学出てからまともに就職しようなんて考えたことなくて、職歴といったら学校で何年か非常勤職員をやっていただけ。言ってみれば最初からフリーだったんだけど、単に趣味でやっていたデザインとか写真とか雑誌の企画とかを小さな会社に送っていたら仕事が来るようになったので、そっちの方向で食いつないでいるだけですよ。最初はこれで食えるわけないよなぁ~と思っていたけど、現に食えてるから続けているだけです。自信があるかないかなんて考えたこともないし、ある程度仕事が増えるまではよけいなこと考える暇なんてなかったですね。

だから私の場合、フリーへの憧れなんて最初からなくて、結果的に自分のやっている仕事が世の中でフリーと呼ばれている形態だっただけなんだけど、これでいいやって割り切れるようになったのはここ2、3年かもしれない。フリーって楽そうに思われるけど、頼るものはないし、何かに所属している感じがない生活って、やっぱりいろんな意味で不安定ですよ。仕事は水モノだから波があるし、誰も助けてくれないから、そういう境遇に耐えられない人はどんな会社でも所属しているべきだと思う。

フリーでやってると、つくづく世の中、コネと学閥(学歴ではないよ)と人付き合いのうまさだなと思うけど、そのすべてにおいて縁のない私が曲がりなりにもやってこれているのは、ひとえに私が一般的な社会の価値観に興味がないということに尽きると思う。細々とフリーでやってるなんて、社会的信用はゼロですよ。アパート借りるのも苦労しますよ。だけど私はそんなことどうでもいいし、とにかく好きな仕事を〆切までに誠実にやり遂げることしか考えていないのです。あとは健康ランド行って寝るだけ。

たいていの人はある程度のコネがあって独立すると思うけど、最近はフリーのための支援サービスもあるから、昔に比べると独立しやすいのかもしれませんね。フリーエンジニアを目指すなら「VSN」という会社で個人事業主のバックアップをいろいろやっているので、問い合わせてみる手もあるでしょう。だけど会社に所属している人は、とりあえずキャリアを積むことが一番だと思いますよ。フリーになれば何かいいことありそうなんて思うのは勝手ですが、まあよく考えてね……。

パーツ


高収入な求人探すなら【きゃっちみぃ】



プロフィール

:ふんわりみみぃ

Author::ふんわりみみぃ

ブログ開設日:2006.9.10


フリーエリア

ブログ内検索

フリーエリア




フルーツメール


 リンク集


  • 管理者ページ
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。